どーでもいーことをどーでもいーひとが
どーでもよくかきつらねていく
ちょっとふしぎなくーかん
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -
<< 境界線の向こう岸、閉ざされた光 | main | 乾ききった大地、救えなかったもの >>
見えない鎖、支えられる人たち
お年玉もらった。

ちょっとお年玉もらい過ぎてる気がする。でもそれは自分で見た感じ多すぎるだけで、実はそんなに貰ってなくて、「そんだけ?」とか言われることもある。僕は「そんなに?」と言うけれどもお金なんて貰ったら貰った分だけ使ってしまうお年頃だから、やっぱり今貰ってる分でも多いと思う。無駄遣い。
そういえば2007年。明けましておめでとうございます。新年の天神は人が多かった。あ、天神なんていっても福岡の人にしか伝わらないや。要するに、繁華街である。その天神が人が多かった。地下街なんて人が流れてた。川のようだった。みんな目が生き生きしてた。なにかいいことでも、あったのかな。

やっぱり年始だから、七隈線ですら混雑してた。はっぴーにゅーいやー。
Posted by : にょほ | 日記 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 23:39 | - | -
コメント









この記事のトラックバックURL
http://nyoho.jugem.jp/trackback/203
TOP